医療用ウィッグの通販で失敗しないために。医療用ウィッグ通販サイトの料金やサービス、質を比較しました。

医療用ウィッグ通販おすすめランキング

アクアドールは幅広い年齢層に安くておしゃれな医療用ウィッグが充実
若年層向けの低価格でおしゃれな医療用ウィッグが豊富
AQUADOLL(以下:アクアドール)はウィッグの販売、企画を行う、株式会社クロスオーバーにより販売されています。人口毛は使われておりませんが、低価格でおしゃれなウィッグが豊富にあります。業界では珍しく、若年層向けのウィッグが充実しています。もちろん全年齢対象に、幅広い年齢層の方に支持されています。
おすすめ度
★★★★★
料金
19,224円~23,544円
送料
ウィッグは全品送料無料
会社名
株式会社クロスオーバー
人工毛
日本製耐熱ファイバー人工毛使用
レンタル
レンタルサービス無し
無料試着
無料試着サービスあり
対象
人毛はちょっと苦手という方にオススメ
リネアウィッグは価格が8,000円代から、業界トップクラスの最安値
価格が業界トップクラスの最安値・4年連続で購入者数No,1を達成
LINEAWIG(以下:リネアウィッグ)はファッションウィッグ・医療用ウィッグ、エクステンションなどのウィッグ用品の販売を手掛ける株式会社リネアストリアにより販売されています。 価格はどの医療用ウィッグに比べても圧倒的に安価です。手軽に購入出来ることから、購入者数は4年連続でNo,1を獲得しています。
オススメ度
★★★★☆
料金
8,048円~86,184円
送料
配送料金は540円、DM便は180円 レビューで無料の商品はレビューを書くと無料
会社名
株式会社リネアストリア
人工毛
人毛のレミー毛・通常人毛・人毛ミックス・人工毛(ファイバー)
レンタル
無し
無料試着
完全無料試着サービスあり
アンベリールは低価格なのにアフターケアや無料サービスが充実
アフターケアが万全。メーカーが直接ケアするから安心。
自然さ、サービス、着け心地、機能性、4種目のユーザー満足度、平均92%を誇る、ユーザーにとって多くの良心的サービスをモットウとする優良店です。各医療に対する思いから、安価で販売やオプションサービスのほぼ無料化や2つ同時購入割引など、他店と比べてとにかくユーザーにとって優しさにあふれるところが魅力です。幅広い年齢層に対応し、無料試着の60種類以上を選べるところがさらに魅力。
おすすめ度
★★★☆☆
料金
28,350円~81,900円
送料
全国一律525円(離島など一部は除く)
会社名
株式会社セラビィ
毛髪の種類
人毛MIX(耐熱ファイバー使用)
レンタル
1日150円でレンタル可能
無料試着
無料試着サービスあり
プリシラはパリコレで2011年から2015年まで5年連続採用
シーンで選べるなりたい自分にスタイルチェンジが可能
prisila(以下:プリシラ)はウィッグの販売、企画を行う、株式会社プリシラにより販売されています。価格が安いのも特徴ですが、おしゃれウィッグ部門でパリコレで5年連続採用されています。
ストーリーはフィット性やズレ防止など、機能面に優れている
伸縮機能やズレ防止など機能面に優れている
Story(以下:ストーリー)は医療用ウィッグ、サロンを展開しているヘアダイレクト・ジャパン株式会社により販売されています。 襟足などの一部分に人口毛を採用しており、低価格でフィット感、ずれ防止、抗菌など機能面に優れています。また、分け目など目立つ部分には人口肌を採用しているのも特徴です。
ライツフォルはアメリカやヨーロッパでの販売実績がある
無料で何度でも試着できる
Reizvoll(以下:ライツフォル)はウィッグの販売、企画を行う、株式会社ライツフォルにより販売されています。中国の大規模な工場で製造しており、海外での販売実績もあります。ウィッグはグレード制を採用し、リーズナブルなものから高品質なものまで、同じスタイルでも機能面や質に大きな違いがあります。
アバンダは医療用ウィッグ購入で、ウィッグスタンドと下地ネットが無料
Abanda(以下:アバンダ)は医療用ウィッグに特化した株式会社アバンダにより販売されています。 人口毛40%ですが、違和感のない自然な仕上がりとなっています。商品のラインナップも医療用ウィッグだけではなく、バンダナや帽子などの商品も充実しています。
ピューエレガンテはおしゃれ、医療用ウィッグ両方の機能を兼ね備えている
10%OFFや最大60%OFFなど、多岐にわたる割引サービス
PyuElegante(以下:ピューエレガンテ)は株式会社フジ・アウトソーシングにより販売されています。

1位:アクアドール売れ筋ランキング

【19,800円】ヴィーナス ミディアムカール…
【17,800円】ヴィーナスショートボブウィ…
【19,800円】ヴィーナスワンカールミディ…
【17,800円】ヴィーナスマニッシュショー…
【21,800円】ヴィーナスリッチカールロン…

2位:リネアウィッグ売れ筋ランキング

【28,944円】天使のニュアンスショート人…
【9,374円】天使のマニッシュショート(ス…
【12,938円】天使のレースフロントボブ
【42,984円】天使のボブ人毛100% スキン付
【28,944円】天使のエレガントショート人…

コラムピックアップ

医療用ウィッグとは?

医療用ウィッグは主に抗がん剤の投与や放射線治療の副作用で、脱毛症になったりして髪が脱毛してしまった頭部をカバーすることを目的に使用される医療用のウィッグのことです。2015年4月に経済産業省によって医療用ウィッグや附属品について、外観や性能などが定められたJIS S 9623が発表されました。

3万円から40万円くらいの値段となっている場合が多く、分け目も目立たないように人工頭皮が使用されています。1本1本が手植えになっていたりして、髪質が自然で通気性が良いといった見た目や付け心地の良さなどの工夫がなされています。各メーカーによって医療用ウィッグの内側ネット部の構造は異なっています。構造が異なると装着時の深さも異なってくるため、着け心地も変わってきます。

医療用ウイッグは上から見られても大丈夫なように、分け目が肌色で自然になるように作成されています。抗がん剤治療などで脱毛によって頭皮がデリケートになりがちです。医療用ウイッグは頭皮部分に触れるネット部分を柔らかくすることによって、敏感な頭皮に負担の無いように作られています。人工毛や人毛、混合毛で自然に見えるようハンド製で仕上げられているものが多く、髪質も自然です。抗がん剤治療などによる脱毛によって頭のサイズに変化が出てくるため、脱毛の状態に合わせてサイズ変化に対応できるサイズ調整アジャスターなども備えられています。また、セットができるようにアイロンやヘアドライヤーが使える耐熱性になっているものも多くあります。 

人毛の医療用ウイッグは、脱色や染色などの特殊加工を施した人毛髪が使用されていますので、手で触った感触や、質感などがよいといった長所もあり、自身の髪と変わらないようになっています。見た目も自然でスタイリングもでき、パーマやカラーをすることもできます。しかし、髪の色が落ちやすく、染め直しを必要とする場合もあり、とてもデリケートなため傷みやすいといった点もありますので、ウイッグのお手入れをこまめにする必要があります。そして、人工毛と比較すると人毛ウイッグの方が重いということもあって、長時間の着用は疲れるといった方もいます。

また、医療用ウイッグ購入に当たり、健康保険の適用がされるかどうかといった点はとても気になる点です。しかし、保険は適用になる場合とならない場合があるのです。 医療用ウイッグが保険適用になるためには、ウイッグが治療器具と認められる必要があります。つまり、頭部を物理的に保護するといった意味で使用されることが必要になります。例えば、怪我による外傷や腫瘍などの病気によって頭部に手術を受けたことで、頭部の陥没部分がある方や頭蓋骨切除などを行われた方などは保険対象となります。そのような場合にはウイッグが治療器具とみなされ、ウイッグに対して健康保険適用となります。

しかし、抗がん剤治療などの副作用の脱毛や膠原病などで脱毛した方の場合、ウイッグの使用が美容上の理由によるものと考えられ、ウイッグそのものが治療器具と認められずに保険適用がなされません。 そのため、購入費用は自己負担という位置づけとなっています。任意保険やがん保険などの医療保険でカバーされるものもありますので、具体的には保険会社に確認するといいといえます。

ウィッグを着けるとどうしても負担感があるものです。ウイッグはできるだけ軽くて頭皮に負担のない着け心地のよいものを選ぶことが大切です。そのためには一度着用してしっかりと確かめた上で購入しましょう。特に、頭皮に直接触れる内側ネット部分は、着け心地という意味で大切なポイントとなります。 もし、通気性が悪くて熱がこもってしまうと頭皮がムレてしまいます。ウィッグは見た目の印象だけでなく着けた時の感触がとても重要になる商品です。見た目が自然で着けやすいウィッグを選ぶようにしましょう。

医療用ウイッグは、その特殊な目的をもって使用され、価格も3万円から40万円といった決して安価な出費というわけではありません。さらに、多くの場合、医療用ウイッグには健康保険や高額医療費等の適用はありません。そのため、購入する際にはきちんと自身で確かめることで後悔しない商品選びを行うことが大切です。選び方としては、毛材が自然で1本1本が丁寧なハンドメイドによる植毛がおすすめです。またサイズ調整が柔軟にでき、通気性がよいもので予算に合った医療用ウイッグを選ぶことが大切です。

ここ最近の保険では医療用ウイッグの代金が出る特約のある保険がでてきており、治療にかかった金額をカバーしてくれる医療保険商品などもありますので、保険会社に問い合わせて保険でカバーされるかどうかを確認しておきましょう。

無料相談で6,000円分の商品券が当たります。
提供:保険の時間

医療用ウィッグの選び方

医療用ウィッグは抗がん剤の投与や放射線などの治療による影響で抜けてしまった髪の毛の代わりに一時的に被るかつらです。基本的に、おしゃれ用ウィッグは自毛の上から被りますが、医療用ウイッグは地肌に直接被る機会が多いといえます。そこで医療用ウイッグを選ぶときにどんなポイントに気を付けて選べばいいのでしょうか。

医療用ウイッグを選ぶ際には、デリケートになったお肌に直接被るため、自身の頭のサイズにピッタリとフィットし、自然でできるだけ優しい素材の通気性のよいものを選びます。そして、できるだけ自身のライフスタイルに合った使用しやすいものを選ぶことも大切です。選ぶウイッグは長時間着用するものなのか、休日のみ着用するのかといった使用スタイルによっても変わってきます。

また、医療用ウィッグを選ぶタイミングは治療の段階によって変わってきます。多くの場合には、抗がん剤投与後10日から20日間で脱毛が始まります。最初のウイッグの試着は髪の毛が生えそろっている治療前にしておくことがおすすめです。医療用ウイッグの使用期間を検討する時は、ウイッグは治療中だけでなく、髪の毛が新しく生えてくるときや髪の長さが元に戻るまでの間も必要になるということも確認します。

そのため、治療期間も含めて、次の3つの期間にわけて考えてから検討するといいといえます。まず、平均6か月くらいから1年くらいの、脱毛を伴う抗がん剤などの治療期間です。そして、治療が終了してから自身の毛が生えてくる期間。そして、生えてきた髪の毛が元の長さくらいになるまでの期間です。治療が終了後、自身の毛が生えてくる期間は、大体1年くらいを見ておきましょう。髪の毛は1日に0.4ミリづつ伸びるといわれています。2週間ちょっとで1センチづつ伸びていきます。髪の毛の成長する期間は、大体ウイッグを使用することが多くなるといえます。購入する前に現在のヘアスタイルと同じようなウイッグを選ぶのか、それとも変えてみるのかといった点をまずは明確にしておくと選びやすくなります。雑誌などを参考にしてヘアスタイルを選んでおくといいといえます。

抗がん剤の投与終了後は約1、2ヶ月くらいで自身の髪が生えてきます。頭部のどこに生えるかによって髪の成長には若干の差があり、頭頂部の髪の毛は他の部分に比べると若干遅いといわれています。そのような時は部分ウイッグなどでも対応できますので焦る必要はありません。

医療用ウィッグは仕立てる方法についてについて分けると大きく3種類にわけられます。まず、オーダーメイドのウイッグです。オーダーメイドは髪の長さから色や大きさなどに至るまで自身の希望を全て反映させることができるウイッグで、自身の頭の形にぴったり合った自然な仕上がりとなります。しかし、フルオーダーメイドなので、注文してから出来上がりまでの時間が長くなり、価格も高くなる傾向があります。薬事法上、抗がん剤治療による脱毛に対処する医療用ウイッグは医療器具ではないとされており、費用面でも負担が大きいため、一般的にはセミオーダーや既製品などを選ぶ人が多いようです。

セミオーダー製の医療ウイッグは髪の長さから色や大きさなどのテンプレートが用意されており、その中から自身のニーズに最も合うものを注文する形で作られるウイッグです。基本形から自身でタイプをチョイスすることができ、フルオーダーよりも短い時間で納得のいくウイッグを選べ、価格もフルオーダー製のウイッグに比べるとリーズナブルなため、セミオーダー製のウイッグを選ぶ人はわりと多くいます。

そして、カタログショッピングなどの形で、既にあるウイッグを選ぶことができる既製品も人気があるようです。セミオーダーと比べると手元に届く時間が大幅に短縮でき、価格面でも満足のいくものが選べるため、セミオーダー製と組み合わせたりして選ぶこともできるため、よく購入されるタイプのウイッグといえます。しかし、いざ購入してみると、頭の形に合わなかったりイメージと異なっていたといったこともあるため、購入する際は事前に試着をしてからよく確かめて購入することをおすすめします。対面式販売で、納得いくまで試着ができるサロン等で購入すると安心です。

ウイッグに使用されている素材や各メーカーの製品の特長をよく知っておくとウィッグ選びはとてもスムーズです。自身が使いやすいと思える医療用ウイッグを選ぶことが大切で、価格が高いものがベストとも限りません。まずは、ライフスタイルに合って手が届き易くて、治療の3つの期間をきちんとカバーすることができるウィッグを選びましょう。

また、医療用ウイッグは一時的な使用を前提にしているため、 購入という方法に限らずレンタルなどで対応できるかどうかも含めて事前によく検討しておくといいといえます。ヘアスタイルの変化を楽しみたいという人ならレンタルなどもおすすめです。

管理からのご挨拶
はじめまして。医療用ウィッグラボの管理人ひとみです。 私は脱毛症を発症し薄毛になり医療用ウィッグをつけての生活を余儀なくされました。 周りにも医療用ウィッグを付けている人はいないし、だれにも相談できないのが孤独でしたね。。。 きっと当サイトを見てくれている方のほとんどは、医療用ウィッグを選ぶにあたり迷っている方だと思います。 当サイトで初めての医療用ウィッグだったとしても失敗しない最善の方法を見つけて頂ければ幸いです。
医療用ウィッグおすすめランキング
アクアドールは幅広い年齢層に安くておしゃれな医療用ウィッグが充実
安価な価格での購入が可能となっているにもかかわらず、100%総手植えでの制作、さらにはバリエーションが豊富!
リネアウィッグは価格が8,000円代から、業界トップクラスの最安値
価格が業界トップクラスの最安値・4年連続で購入者数No,1を達成
アンベリールは低価格なのにアフターケアや無料サービスが充実
アフターケアが万全。メーカーが直接ケアするから安心。
人気記事